The Latest

darylfranz:

久しぶりに面白い煽り画像が欲しくなっちまったぜ - あじゃじゃしたー
Sep 22, 2014 / 131 notes
threadless:

It’s all in the brushstrokes.
Score “Watercolour" by Jerry-Qin, a leading submission for our Watercolors design challenge!
Sep 22, 2014 / 124 notes

threadless:

It’s all in the brushstrokes.

Score “Watercolour" by Jerry-Qin, a leading submission for our Watercolors design challenge!

threadless:

Gotta get your hands on this awesome submission for our Fall Colors design challenge? Fund “Jungrella" by sukran now, and the tee could be yours!
Sep 22, 2014 / 191 notes

threadless:

Gotta get your hands on this awesome submission for our Fall Colors design challenge? Fund “Jungrella" by sukran now, and the tee could be yours!

初恋の魅力は、この恋がいつかは終わるということを知らないことだ。
ディズレーリー (via darylfranz)
Sep 20, 2014 / 17 notes
threadless:

Want to cultivate your inner calm? Score “Zen Touch” by murraymullet to turn this design into a tee!
Sep 20, 2014 / 225 notes

threadless:

Want to cultivate your inner calm? Score “Zen Touch” by murraymullet to turn this design into a tee!

linxspiration:

Komono The One
Sep 20, 2014 / 297 notes
Sep 20, 2014 / 1,298 notes

nevver:

Go ask Alice, Deckstarter

(via aplpne)

linxspiration:

Classy FRIENDS.
Sep 20, 2014 / 545 notes

linxspiration:

Classy FRIENDS.

Sep 20, 2014 / 452 notes

it8bit:

Retro Magazine Cover Art

Created by Orlando Arocena || FB

nevver:

Fishnets is Fridays
Sep 20, 2014 / 481 notes
平均余命という、味気ない統計データに惑わされてはいけない。平均余命80年とは、「人間としての正規のコンディションが80歳まで延長した」という意味ではなく「60歳になってからの余生が20年増えた」と捉えるべき数字だ。身体が衰え始める時期も、脳が保守化していく時期も、実際にはたいして延長していない。三十歳になれば白髪が目立ち始めるし、やがて男女ともに生殖能力が衰えてゆくのが定めだ――ここのところを勘違いしたまま年を取って困っている人が、今日日は多すぎる。
Sep 20, 2014 / 781 notes
dribbblepopular:

Art Original: http://ift.tt/1qPLLgU
Sep 20, 2014 / 103 notes
少女が着ると可愛らしく、娘さんがきると艶やかで、お姉さんが着ると色っぽく、おばさまが着ると妖艶で、お婆さんが着ると優雅。それが和服姿
Sep 20, 2014 / 2,713 notes
例えば好きな音楽の話を雑談ベースで質問してみたら、「この前●●のCDを買った」「●●のライブに行った」という答えが返ってきました。要は、それを声高に言わないだけで、好きなものはある。そして、重要なのは「それを仕事に結びつける」という発想がないだけ。ということは、おそらく「覇気がない」というより、「遠慮がある」ということなのです。

ではなぜ遠慮があるか?といえば、その一因は「昔はおおらかな時代だったが今は違う」という職場のムードもあるでしょう。自分が会社にいても実感します。時代が移るにつれ、コンプライアンスだ予算削減だと言われ続けて窮屈になっているのは間違いないッスよね。
そして、こともあろうか、おおらかな時代を謳歌した上司自らが「そんなことしたらクレームがくる」「予算がない」という理由で企画をボツにすることもある。恥ずかしながら自分もそう言ってしまうことがあるけれど、それも仕方ないんです、会社だから。そんな中で、キャリアの少ない若手は空気を読める優秀な後輩ほど遠慮するし、無難なことをやるのは当たり前。
そしてエラくなって現場から離れていく上司はそういう窮屈ムードを肌では感じなくなる。そこでギャップが生まれてしまう。
自らが現場で活躍した時代と今とでは企業文化や職場のモラルが変質しているのだから、理解できないことが出て来て当然。
つまり、「最近の若いやつには覇気がない」と思えるのは、生きてる時代が違うから当然であり、職場環境が変わり続ける限り永遠に言われ続けるのです。
Sep 20, 2014 / 16 notes
Sep 20, 2014 / 3,739 notes